美容

【コラーゲンって食べて効果あるの?】美肌に効くのか解説します

【コラーゲンって食べて効果あるの?】美肌に効くのか解説しますTOP

悩んでいる人
悩んでいる人
コラーゲンを食べると美肌になるの?

こんな疑問に答えていきます!

TAKA
TAKA
今回は『コラーゲン』のお話
コラーゲンの噂や疑問

・コラーゲンって美容に良いって聞くから沢山取らなくちゃ!
・コラーゲンは美肌に効果あるんだよね♪

 

コラーゲンってこんな感じで美容に必要って思いますよね?

そもそもコラーゲンとはどんなものなんでしょうか?

私は普段、整体師の仕事をしていて

美容系の施術もしますのでよくコラーゲンって取った方がいいの?なんてお話になります。

そこで今回は

『コラーゲンを食べると美肌になるの?』について深堀していきたいと思います。


コラーゲンってなに?

コラーゲンについてまとめ解説

コラーゲンとよく聞きますが
どんなモノなのか意外と説明できませんよね?

コラーゲンとは「タンパク質」のことです。

タンパク質は体に必要な栄養の1つとの理解で大丈夫です。

そしてコラーゲンは体の中のタンパク質の30パーセントを占めています。
これは体のタンパク質で一番多いものとなります。

コラーゲンをもう少し説明すると・・・

【皮膚、骨、軟骨、靭帯、腱】の材料です。

ちなみにタンパク質は分解されるとアミノ酸になります。

『タンパク質はアミノ酸になってから体に入る』
ここが今回の内容で重要なポイントとなります。

詳しくは下で!


コラーゲンの効果は?

コラーゲンは肌を健康にする働きがある!

コラーゲンの効果は主に3つ
1つずつ簡単に解説します!

①コラーゲンは皮膚、骨、軟骨、靭帯、腱などの材料

コラーゲンは皮膚や骨などの体の素になります。

②コラーゲンは皮膚を健康にする

コラーゲンは皮膚に酸素や栄養を送って肌の弾力を作っています。

美肌という定義が難しいところですが
肌の弾力というポイントは美肌という価値観に当てはまるかと思います。

ちなみに・・・
しわは肌の弾力がなくなった状態のことを言います。
なのでコラーゲンが減るとしわが増える原因となります。
美容に必要と言われているのはこの辺りが所以ですね。

しわについては別の記事で書きましたので
興味のある方はお読みください↓

【しわは日焼け止めで予防できる?】しわの原因や効果的な栄養素を整体師が簡単解説しわと日焼け止めの関係についてまとめています。しわについての解説としわの原因。しわに効果のある栄養素や対策法もご紹介。...

③コラーゲンは骨を健康にする

コラーゲンだけの役割ではありませんが
骨を丈夫にして骨粗鬆症を予防する働きをしています。

 

こんな感じです!
コラーゲンが体にとっても大切な成分という事が
わかって頂けましたでしょうか?

さてそれでは本題です。
コラーゲンを食べたら肌が綺麗になるのでしょうか?


コラーゲンを食べたら美肌になるの!?

コラーゲンたっぷり♪と言われるフカヒレやゼリーのようなコラーゲンを含む食材を食べると美肌になれるのでしょうか?

答えは『美肌になる科学的根拠はない』でもしっかり否定もできない!

スッキリしない答えですよね。解説します!

コラーゲンを食べて体に吸収されるしくみ

まずコラーゲンとはタンパク質です。
上のポイントでお話したようにタンパク質というのはアミノ酸に分解されて吸収されます。

そう!

食べたコラーゲンは
体の中で1度バラバラになってしまうんです!

ですので食べたコラーゲンがそのまま皮膚のコラーゲンになるという事はないのです。

またコラーゲンを含む化粧品も同じで皮膚に塗って保湿効果はあってもコラーゲン自体が皮膚の表面から吸収されることはないようです。

ではなぜコラーゲンは食べても意味がないと完全に言い切れないのでしょうか?

それはマウスの実験で食べたコラーゲンからそのままコラーゲンができた実験があったから。

人ではまだありませんが今後、証明されるかもしれませんね♪

結論としてはコラーゲンを食べてもコラーゲンになるわけではないので
積極的に食べなくても大丈夫です。

しかし

美肌作りにコラーゲンの材料のタンパク質は必要ですから補給するに越したことはないです。
あと保湿やその他の美容成分の意味は大いにありますので化粧水やクリームなど肌のケアは行うことをおススメします。
ケアしている人としていない人では40歳ごろからけっこう違いが出てきますよ!(お客さんを見て感じます調べ(笑))

まとめ:コラーゲンを食べても直接コラーゲンにはならない。でもタンパク質なのでコラーゲンを作る成分にはなる!お肌のケアを忘れずに♪

 

 

以上です!