メンタル

ネガティブ思考を治す方法【やることは簡単】

ネガティブ思考を治す方法【やることは簡単】TOP

悩んでいる人
悩んでいる人
ネガティブ思考が治らない
悩んでいる人
悩んでいる人
辛くならないようにと思うのに辛くなっちゃう!
TAKA
TAKA
今回は『ネガティブ思考を治す方法』をご紹介。

皆さんはポジティブですか?

普段「失敗しないように・・・」と思って生活していることはありませんか?

ポジティブでいたいのにネガティブになってしまう。
実はこうなるには理由があります。


ネガティブ思考を治す作業は簡単

ネガティブ思考は治ります。

ネガティブ思考になる体の仕組みがあるからです。

そして、皆さんはネガティブ思考になるトレーニングをしているだけなんです。

実は、ネガティブ思考を治す作業自体はとても簡単です。

でもその簡単な作業を繰り返す必要があります。

まずはさらっとでいいので

ネガティブになる仕組みを理解しましょう。


ネガティブ思考は脳の仕組みのせい

脳は「否定」を理解できない?

今からある数字を言います!

【3】
この3という数字を絶対に覚えないでください!!

絶対にです!!!!!

どうでしょうか?3という数字を覚えてしまいましたか?

覚えないで下さいと言われると逆に覚えてしまいませんか?

例えば「それ見ないでよ!?」と言われたら見たくなりませんか?

これは脳のあるシステムがそうさせています。

脳は『〇〇しない』を理解できない

私たちの脳は「否定」を理解、そしてイメージできません。

例えば・・・

『リンゴを想像しないでください』と言われたらどうでしょうか?

しっかりでなくても一瞬、リンゴのことをイメージしませんでしたか?

人間は不思議で「しないで!」といわれると無意識にしてしまうんです。

先ほどの「それ見ないでよ!?」が見たくなってしまうのもそうです。

つまり『する』も『しない』も脳は気にせず○○の部分にフォーカスが当たっています。

『〇〇しちゃダメ』や『○○はよくない』で強く脳に刻まれるのは○○の部分となります。

遅刻しないように!は遅刻というワードが頭の中に刻まれます。

怒られないように!は怒られるという恐怖感が常に頭に出てしまいます。

この箱絶対に開けないで!は開けたい!という欲が出てくるようになるわけです。

ネガティブ思考をしないはネガティブ思考になる

上を踏まえると

ネガティブ思考にならないようにしたい!

こう思っていることがすでにネガティブ思考の練習をしているということになります。

無意識って怖い。

ネガティブ思考を治したいなら否定文をやめる


ネガティブな言葉がネガティブ思考にする

ネガティブな言葉は脳が無意識に反応?

「否定」のほかにも「ネガティブ」な言葉にも、脳は無意識にそして本能的に反応します

それも強く反応します!

そしてネガティブな言葉は、体を重たく疲れやすくします。

ネガティブが続くと体調が悪くなっていきます。

例えば・・・

友人と食事をしていて愚痴を聞いていたらいかがでしょうか?

疲れませんか?嫌になりませんか?

1時間ぐらいであればいいかもしれませんが

3時間聞いていたらどうでしょうか?

聞き上手の方でも嫌になると思います。

私は嫌です(笑)

長時間のネガティブは体に負担になります。

また頭で思ったことは実際に起きている出来事として脳は認識します。

友人のお話を聞いているだけでも脳は勘違いします。

例えば・・・

「上司に怒られてさ~」

という話を聞いていると、脳は勘違いをして自分が怒られていると錯覚します。

これは大変ですよね?

これがネガティブな言葉を減らすべき理由です。

女子会はネガティブ思考になりやすい

女子会に限ったことではないですが

普段の愚痴や、旦那さん、彼氏彼女の愚痴。

さらにはみんなでそれに共感する!そして盛り上がる!!

脳の仕組みを知ってからだと結構まずいと思いませんか?

勿論、ストレスを発散することは大切ですし、

普段の愚痴を少し言うのは良いと思います。

でも、その愚痴を何度も繰り返したり、みんなで強化したりは少し気を付けたほうがいいですね!

楽しいお話をしましょう♪

私の整体の施術でも会話は

「楽しいことありました?」

など楽しいお話を話してもらうようにしています。

そっちのほうが話しているほうも聞いているほうも気持ちが楽なんです。

ネガティブ思考をポジティブ思考にする方法

ネガティブ思考改善したいなら必ず【肯定文】で表現する

ネガティブ思考をポジティブ思考にするには

『ポジティブな言葉で話す』

これにつきます。

先ほど脳は

・〇〇しないを理解できない。
・言った単語がダイレクトで頭に入る

という事をお伝えしました。

という事は・・・

マイナスな言葉をプラスな言葉にしたらHappyなわけです!

例えば・・・

●遅刻しないようにしよう!
→早く起きるようにしよう!

●怒られないようにしよう!
→しっかり仕事をしよう!うまく仕事をしよう!○○さんに褒められるような仕事をしよう!

こんな感じ♪

否定の言葉が得意な方はなかなか難しいかもしれませんが大丈夫!

ポジティブな言葉使いを続ければ変わります♪

私も最初は難しかったです!でも大丈夫。

『難しい』も『やりがいがある』に変えちゃいましょう!

お母さん必見!小さなお子様ほどポジティブな言葉で!

少し余談です・・・

小さなお子さんがいる方ですと・・・

『走っちゃダメ!!』とか『うるさい!!』とか言ってしまう事ってありませんか?

私も小さい息子がいるので瞬間的には言ってしまいます(笑)

これも同じで

●走って欲しくなければ『歩こうね』
●静かにしてほしければ『静かにね?』や『し~』など

プラスのポジティブな言葉で伝えると良いですよ♪

またもし、ダメ!って言ってしまっても大丈夫。

そのあとで言い直して上書きすればいいんです。

ポジティブな言葉を使うと雰囲気が変わる

少しスピリチュアルに感じるかもしれませんが本当にある話・・・

ポジティブな言葉で話していると運気が上がります。

否定ばかりされると嫌じゃないですか?

怒られている空間にいると怒られていなくても、体って重たくなりませんか?

体って正直で、ポジティブな言葉で話していると本当に体も楽になりますし

ポジティブな言葉で満たされると、ネガティブな感情って消えていくものですよ♪

皆さんがどんどんポジティブになることを期待しています。

私が使っている心理学です。

今回紹介した内容の他にも日常で使える技術が沢山あります。

オススメ本です。

今回の記事のまとめ

ネガティブ思考はポジティブな言葉の練習で改善できる。人間は繰り返せば覚えるので必ず改善できる

以上です。