ダイエット

ダイエットで朝ご飯を食べないのは効果あるのか?【朝食を食べないメリットとデメリット】

ダイエットで朝ご飯を食べないのは効果あるのか?【朝食を食べないメリットとデメリット】TOP

TAKA
TAKA
今回は『ダイエットで朝ご飯を食べないのはありなの?』って話

私は今、ダイエットをしています。

2020年1月から始めて2ヶ月で

83.4kg→75.2kgの8.2kgのダイエットに成功しています。

糖質を制限して1か月キャベツを食べてみた。TOP
糖質を制限して1か月キャベツを食べてみた。【外食しても3.5㎏のダイエットに成功!】糖質を制限してキャベツサラダを1ヶ月食べてみました。キャベツの栄養の面からもダイエットに向いています。糖質や食物繊維の解説も含めてまとめました。...

上の記事でも少し触れていますが

私はいつもほとんど朝食を食べません。

『朝ご飯食べないと力が出ないよ!!』

『朝ご飯は食べないと体に悪いんだよ!!』

こんなことを言われたことがあるかと思います。

でも私は

TAKA
TAKA
1日3食。食べなきゃいけないって誰が決めたの?神様?

こんなこと思っていたりします。

はたして本当に朝ご飯を食べないと体に悪いのでしょうか?

今回は朝ご飯を食べないメリットとデメリットをダイエットの視点から考えてみたいと思います。


朝ご飯食べた方がいい派VS朝ご飯食べない方がいい派

朝ご飯を食べたほうが体にいい!という意見と食べない方がいい!という意見があります。

栄養士さんたちの多くは食べるべき!という意見が多いようです。

私も医療業界ですのでわかりますが、医療の理論ってどんどん変わっていくんですよ。

なのでどっちかがダメ!!!というのは

なかなか自分勝手な主張かなと思ったりします。

結局どちらもプラスになる研究結果が出ているのでぶつかるんですよね。

今回は朝ご飯食べないがダイエットに効果あるか?の話なので

体にいいかは深堀しませんが

この論争で出ていた内容も含め私なりにメリットとデメリットを深堀してみますね。


朝ご飯を食べないメリット

朝食食べないメリット1:カロリーを減らせる

これはダイエットにとって大きなメリットですね。

人が1日に何にもしなくても使うカロリーが1,500くらいだとします。

少量のご飯やパンだけでも150キロカロリーくらいあるわけです。

例えばこんな豪華な朝食を食べてしまえばそれだけ、高カロリーに。

太る。痩せるはほぼカロリーで考えます。

1日に使ったカロリーを、食べたカロリーが超えてしまえば太るので

朝食を食べないことはダイエットにとってはメリットです。

ダイエットで炭水化物を抜くのはあり?【炭水化物を抜いてカロリーOFFできるか解説】TOP
ダイエットで炭水化物を抜くのはあり?【炭水化物を抜いてカロリーOFFできるか解説】炭水化物(糖質)を抜くダイエットは効果があるのか?よくこんな話を聞くけれど、そもそも糖質が理解できていない。こんな方向けに書いた記事です。糖質の基礎知識と糖質を抜くことのメリットとデメリットをわかりやすく解説しました。...

朝食食べないメリット2:胃腸が休憩できる

メリットに出ていたので書きましたが、これは微妙ですね。休ませるってなに?って思います。

そして久しぶりに食べたら、急に動き出すという話にもなりそうですし・・・。

ただ食事のリズムがあまりにも不規則だと胃には負担がかかります。

胃をコントロールしているのは脳ですので、食べたり食べなかったり不規則だと脳が混乱します。

朝食食べないメリット3:時間が節約できる

メリットですね。

朝の慌ただしい時間に余裕ができるのは大きなメリットかと思います。


朝ご飯を食べないデメリット

朝食食べないデメリット:エネルギーが不足する

一食分、食べないので確かにエネルギーは減ります。

それでも昼や夜に食事を取るわけですし、体にエネルギー蓄えられているので、エネルギーが不足はよほどありえません。

私も朝食は食べませんが普通に動けます。

朝食食べないデメリット:栄養が不足する

これは個人的には関係ないと思います。

1日に必要な栄養を朝ご飯でとるってなかなかないと思います。

だって

食パンかじっただけで朝ご飯。ってなる場合もあるわけですよ?

朝食食べないデメリット:学習成績が悪くなる

いや。まぁそういう統計があるという話ですね。

私の周りに朝ご飯食べないけど成績がいい人沢山いました。

と思ってしまいます。

これは上のエネルギーが不足して、記憶力が悪くなるデータがある。ということでしょうね。

逆の研究結果もあるようなので

言い切れないと思います。

朝食食べないデメリット:一生の貴重な食事の時間が減る

時間に余裕ができるの反対ですかね?

これはそれぞれの感覚で違ってきますが

個人的に確かに貴重と思います。

一生を80年として、365日朝食を減らしたら、29,000回ほど食べる機会が減ります。

考えすぎ?(笑)

ダイエットに興味がない方、必要のない方は朝ご飯を食べましょう。(笑)

朝食食べないデメリット:食べることがいいと思いながら朝食を抜く。

少し、心理学的な視点です。

先ほど、脳が胃をコントロールしていると話しました。

脳って凄くて、頭で思ったことは本当にそうなんだと思います。

暗示ではなくてこれは生理学です。

ですので朝食が大切!って思っていればそのように自律神経が動き、体に影響を及ぼす可能性があります。

朝ご飯を抜くことで

ダイエット以外のメリットが少なそうな予感(笑)

朝ご飯を食べない=ダイエットに効果ありの揺るがない事実

結局、現在の医療や栄養学の研究結果としては

体にとって

朝ご飯食べるのがいいのか、食べないのがいいのか意見が分かれているんです。

ここで変わらない事実は

カロリーを1食分取っていないということです。

朝ご飯を食べないことをおススメしているわけではありませんよ?(笑)

でも

朝ご飯を食べないということは

朝食分のカロリーが体に入らないということなのでダイエットの目的からすると確実に効果があることになります。

下では

もし朝ご飯を食べないのであれば気をつけるべきことを解説します。

朝ご飯を食べないうえで気をつけること

栄養不足に気をつける

現代社会で栄養不足はまず問題ないとは思いますし、朝ご飯でガッツリ栄養を取る方も少ないように思いますが、昼、夜に栄養の偏りがあったり食べていなければ栄養不足になる可能性もあります。

 

私はお昼に飲むことが多いですが

栄養に関しては

ご飯を食べるより低カロリーでビタミンやミネラルなどをバランスよく取れるので、野菜ジュースをおススメします。(一本100キロカロリーぐらいなのでかなり低カロリー!)

反動で昼や夜に食べすぎる

これが一番注意ですね!

そして食事量を減らした反動で食べすぎてしまうは

ダイエットで、食事量を減らし始めた最初の頃によく起きます。

私も最初の頃は、冷蔵庫や戸棚を良く開けました(笑)

今まで食べていた量が減るわけですので、体はもっと欲しいと思うのは自然です。

でも、ここで我慢!!

慣れてくると、食べている食事量で充分になっていきます。

この記事を読んでいる人の多くは体重が多くて減らしたい人。だと思います。

現代は想像以上にカロリー過多です。

正直、朝ご飯を食べなくても十分すぎる栄養とカロリーが普段の食事からとれています。

 

今回の記事のまとめ

朝ご飯を食べないことはカロリーが減るのでダイエットに効果がある。体に悪いかの真相はまだ不明。カロリーが減らせることだけは真実。