ダイエット

ダイエットの食事制限で気をつけること【ダイエット効果を上げる簡単なポイント】

ダイエットの食事制限で気をつけること【ダイエット効果を上げる簡単なポイント】TOP

TAKA
TAKA
今回はダイエットの食事制限で気をつけることのお話

私は現在、食事制限メインのダイエットをしています。

ダイエットを始めてもうすぐ3か月になりますが

現在、9.1kgの減量に成功しています。

ダイエット内容は糖質を制限して1か月キャベツを食べてみた。【外食しても3.5㎏のダイエットに成功!】の記事で紹介しています。

糖質を制限して1か月キャベツを食べてみた。TOP
糖質を制限して1か月キャベツを食べてみた。【外食しても3.5㎏のダイエットに成功!】糖質を制限してキャベツサラダを1ヶ月食べてみました。キャベツの栄養の面からもダイエットに向いています。糖質や食物繊維の解説も含めてまとめました。...

そこで今回は

私が実際に食事制限で気をつけたポイントについて紹介します。

今回はダイエットの効果を上げることについての注意点です。


ダイエットの食事制限で気をつけた3つのポイント

①1日のカロリーをできるだけ減らす
②野菜から食べる
③リラックスする

この3つを徹底することで

ダイエットの効果が上がります。

できるだけわかりやすく解説していきます。


ダイエット食事制限ポイント1:1日のカロリーを減らす

ダイエットは数学だと思っています。

つまり、太る痩せるはカロリーという数字でコントロールされているわけです。

カロリーは生きるためのエネルギ―のことで、ないと困りますが

余ると脂肪に変わってしまうんです。

ですので必要なカロリー以上は取らない!で痩せます。

1日で使うカロリーは?

基礎代謝量というものがあります。

1日なんにもしなくても消費するカロリーのこと

●基礎代謝量

男性1,500キロカロリー

女性1,200キロカロリー

年齢ごとに細かく分かれますが、だいたいはこんなイメージでOKかと思います。

ここに、仕事したり、家事したり、学生生活したりという

生活で使うカロリーを足します。

これもざっとですがだいたい、基礎代謝量の2倍くらいのイメージで良いかと思います。

詳しく知りたい方は基礎代謝量 – 日本医師会を参考に

出典:基礎代謝量 – 日本医師会

つまり

男性3,000キロカロリー

女性2,400キロカロリー

この数値を下回るようにカロリーを取ると痩せることができます。

間食に注意!

食事以外の間食が多い方は要注意です。

小さいお菓子1つでもカロリーがぶっ飛んでる物があるので注意です。

メインの食事よりカロリーが多いなんてこと結構ありますよ?

私は間食をする方だったので頑張って辞めました。

カロリーを見るようにすると止めたくなりますよ。

あとはダイエットを始めたころは食べたくなってしまうので

買わない!が良いかと思います。

最初、冷蔵庫や戸棚をめっちゃ開けます(笑)


ダイエット食事制限ポイント2:野菜から食べる

野菜から食べることで血糖値が上がるのを減らせます。

血糖値は簡単に言うと

糖質が血液にいる状態です。

血液の中の糖質がカロリーに変わるんですが

ご飯を先に食べると急に血糖値が上がるのでカロリーの吸収が多くなるんです。

そこで活躍するのが野菜の中に入っている食物繊維。

血液に糖質が行くのをゆっくりにしてくれるんです。

食物繊維については食物繊維の多い食品ってなに?ダイエットに効果あるの?【どんな食べ物か徹底解説】で解説しています。

食物繊維の多い食品ってなに?ダイエットに効果あるの?【どんな食べ物か徹底解説】TOP
食物繊維の多い食品ってなに?ダイエットに効果あるの?【どんな食べ物か徹底解説】食物繊維はダイエットに効果がある!よく聞くけれど実は食物繊維ってよく知らない。こんな疑問にお答えします。食物繊維がどんな食品に多くはいっているかも簡単にまとめ解説しました。...

野菜でもいいし、サプリメントでも食物繊維があるので手軽で良いかと思います。

野菜から食べると、カロリーが吸収しづらくなる。つまり太りづらくなる

ダイエット食事制限ポイント3:リラックスする

ダイエットするうえで、もう1つ問題になるのがお通じです。

カロリーをせっかく減らしても、出る量が減ってしまえば痩せづらくなります。

なぜリラックスするが重要かというと・・・

緊張すると便秘になりやすくなるんです。

もちろん野菜中心の生活で、

お通じが出やすくなる食物繊維も多く取ることを意識するのですが

ストレスなどでリラックスできない状態だとどうしても便秘になりやすくなります。

お通じは自律神経がコントロールしています。

自律神経とは簡単に言うと

胃を動かすとか、心臓を動かすとか

自分ではコントロールできない作業をしてくれる神経です。

もちろんお通じも同じで自分ではコントロールできません。

自律神経は交感神経と副交感神経に分かれていて、お通じの出る出ないをコントロールします。

緊張→お通じが出づらくなる
リラックス→お通じが出やすくなる

わかりやすくはこんな感じでいいと思います。

もし、ストレスを感じているのであれば、自分の好きなことをして

リラックスするように心がけましょう。

あ!食べるだけはダメだよ?(笑)

今回の記事のまとめ

ダイエットの効果を高めるには、カロリーを減らす。野菜から食べる。リラックスする。実践すると変わります!